忍者ブログ

『ShadowGallery~FRC』 (シャドウギャラリー~フォースロマンキャンセル)

なんの変哲も無いブログです。 ……が、ギャグやネタに走るような… 気がしないでもないような気がします。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

鎌倉観光2


2日目は鎌倉の小父様と鶴岡八幡宮にいってきた。



朝ごはんはまた駅前で適当に。それにしてもスープ好きだな。





小父様のウチのわんわん可愛い



お天気は微妙だけど雨が降っていないのでよしとする。



周りの池には蓮の葉と花があった



注意書きのスッポン・亀に注意はなかなかのパワーワードだった




鶴岡八幡宮の倒れたイチョウはいいかんじに復活していた







前回見に行って割とすぐ倒れちゃったんだよね
PR

朝顔の水栽培

夏と言ったら、朝顔の栽培です(偏見)
夏休みの朝、ラジオ体操へ行く前に咲いている朝顔を見てから行くあの頃の早起きはもうできません

水栽培はできるのか?と思ったので実践してみた。
ペットボトルでやる人が多いようですが、そんなもの無かったのでヨーグルトのカップでやりました

結論から言うとできた。花も付いた。






水栽培するメリットあるのか?とかいいんです、どうでも
ちょっとやってみたかっただけ。

白状すると、大きな鉢植えも、弦を絡ませるぼっこの準備ができなかっただけ。
(朝顔の発芽って実は思った以上に時間がかかるため、放置してたらこうなったっていうだけ)


まず、クッキーの空き缶のフタに脱脂綿を敷いて、水でひたひたにする
そして種を直置きする。
(結構な勢いで乾くので頻繁に水やりが必要だった

なお、発芽するのに10日くらいかかるので
【…あれ?死んでる?腐ってしまったか?】と思ってあきらめる程度まで続けること
そのうち発芽する。たぶん。
(2割くらいはこの時点で発芽しないでお亡くなりになります


ちょっと根が出たら葉をぬらさないように小さな容器にいれる
(葉が水に付くと葉が腐ってお亡くなりになります

安定して根が出てきたら根だけ水に浸かるようにセッティング→放置

土からの養分も無く純粋に水道水しか入れていない為あまり育ちませんでした。
考察→根も張れないから、花の大きさは容器の大きさに応じるのかもしれない

上に向かって弦は伸びていくが巻き付くものが全くないとある程度の自立できる高さまでしか伸びない模様。
考察→花を付けて倒れないギリギリの高さがこれなのだろうか

ちゃんと夜にはしぼみます



ただ、これみたいにヨーグルトのカップでやると1日放置しただけで水が枯れるので
水の量には注意。

七色カーネーション

月曜日、母の日に一日遅れで花を買ってきました。

近所の花屋さんでピンクと赤のカーネーションとカスミソウをつつんでもらいました

その際に、オマケでこれあげるよ!ともらってきたのがこちら





七色カーネーション!

白いカーネーションに、特殊な着色をした水を吸わせて色を付けるのだとか。

カラーひよこを思い出しました。

なので、しばらく水に差しておいたら、水に色がでてくるかも、と言ってました。


たまにはこんな変わった花もいいとおもいます。

部屋に飾っておきました。

花が咲きました

以前、『小銭を作り出すためだけに100円ショップで買った種』が、花をつけました。

無論、ガーデニング(はぁと)

なんて、趣味は持ち合わせていませんので

種は畑に直播きです。

土すらかけちゃいません

水すらやってません(天候任せ、雨任せ)


まさか、育つとは思ってなかった

それでも咲きました。凄いぞカモミール



花をつけて初めて知ったその名前『カモミール』

実際に咲いて見るまで名前を知りませんでした。

最初見たとき

これって、道端によく生えてる謎の草だよね?

って思っちゃいました。

これってカモミールだったんだ!

今まで

『なんかよく道端に生えてて良い匂いのする雑草』

だと思っててマジサーセンw

調べてみると、アブラムシが付きやすいととのこと…

うーん、このままだと庭一帯がアブラムシまみれ?


お前らアブラムシは一級廃人のおれの足元にも及ばない貧弱害虫

その害虫どもが一級廃人のおれに対してナメタ行動をするので

おれの怒りが有頂天になったこの怒りはしばらくおさまる事を知らない


ということで、対策。

アブラムシ対策としては、薄くした竹酢を霧吹きでかける、もしくは

羽を退化させたテントウムシを散布する(アブラムシの天敵)

なんだけど、テントウムシは業務用っちうかガチで農業用だから一般人は買えないらしい

これは、野生のテントウムシに来てもらうしかないね!


全くアブラムシは馬鹿すぐる

テントウムシが強いのは当然に決まっている

黄金の鉄の塊で出来ているテントウムシが脆弱なアブラムジに遅れをとるはずは無い

確実にこの庭はテントウムシを手に入れたら高確率で一番最強になる


…ということで、待機

1時間後



「もうついたのか!」

「はやい!」

「きた!天敵きた!」

「メイン天敵テントウムシきた!」

「これで勝つる!」

と大歓迎状態だった

アブラムシはアワレにも食べられていた。


今の庭ではそのテントウムシは謙虚なテントウムシで人気者

見事な仕事だと関心はするがどこもおかしくはない


謙虚なテントウムシは、ここが豊富な餌場だと認識はしているみたい。

しばらくは居座っていてくれそう。

(後でもう1度見に行ったら、テントウムシが増えていた)

(食物連鎖?よくできてるなって思った。)


残りの花が咲くまで、頑張って欲しいな、と思った。

我が家のお犬さま

名前は、『花梨』ちゃんを略して『リン』ちゃん で決定しました。






略した理由は、山とか川とか行った時に、呼び戻しにくいから。

女の子だったので

『フレデリカ』、略して『デリカ』



『マリシエラ』、略して『シエラ』



しようと思ったンですが、親族全員の反対を受けたのでボツになりました


シバ犬なんで、和犬に横文字の名前はキツかったみたいです。

出梨果(でりか)とか志枝羅(しえら)

だったら良かったのか、といったらそういうワケでもないそうです。


なんなら、男の子だったら

粗利男(そりお)にしてやったのに。

なんか、凄い儲けが出そうな名前ですね★

わんわんお!

HOME 次のページ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール


HN:三條
本館:シャドウギャラリー
職業:アサシン
趣味:ギルティ・HR/HMを聴くこと
(花言葉は言い当てない)

ブログ内検索

忍者カウンター

忍者ブログ [PR]